子供向けのプログラミング教室に通っているみたいです。

昨日、地元の友人たちと平成最後の花見をしてきました。

色々な話になり、子供がいる友人と子供の習い事の話になって、子供でもプログラミング教室に通っているということを初めて知りました。

その友人は、自分が通っている主に社会人を対象とした初学者むけプログラミングスクールで、子供向けのものもあると初めて知ったそうで、そこから子供にもプログラミング教室に通わせようと自分で調べたり、スクールの先生におすすめのポイントや選び方を聞いたり、ネット検索したりしたそうです。

これから小学校でプログラミングが必修化されるそうでそのこともあり子供に学ばせるということみたいでした。

現状は教育者も育っていない、親も未経験の教えてあげられない領域、学校でも勉強が始まってうちの子は大丈夫だろうか・・・

そんな不安から、通わせようと思ったそうです。

この分野を転職に選んだのも、自立が一番ですが、子供の教育やコミュニケーションのためも少なからずあったそうです。

悩んだのは、いまのIT需要ならばただもうかるから、という起業が多く、まともなスクールなのか不安だったということ。

でも、実際子供は動物が好きで、無機質なものをいじくりまわす遊びよりも、自然や動物のなかで、人と触れ合うのが大好きだったようで、初めは乗馬を習わせようかと考えていたみたいです。

乗馬クラブならば、同年代の子供たちと遊びながら、大好きな動物とも触れ合えていいのではないかと・・・そう考えたみたいですが、実際、金銭的に両方習い事をさせることは厳しいので、これからはプログラミングは知っておいたほうがいいと考え子供プログラミングスクールに通わせているようです。

やはり決め手になったのが義務教育で必須科目になることみたいでした。

実際、プログラミング教室に通わせてみると楽しそうに学んでいて通わせてよかったみたいです。いろいろと楽しみながらものを作ったり友人との会話も増えたそうです。

そんな話を聞いて、今は子供のプログラミングを習う時代になってきていると実感した出来事でした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*