最近の話題といえば、民間企業がミニロケットの打ち上げに成功したというニュースです。

何かと暗いニュースが多い中、ワクワクする唯一のニュースといってもいいのではないでしょうか。

私が注目したいのは、一民間企業が宇宙をテーマにした取り組みに積極果敢にチャレンジしているという点です。

なかなか宇宙ビジネスについては、費用の問題もあり、民間企業が挑戦するにはハードルの高さが気になるところですが、この挑戦には私自身も勇気づけられることになりました。

民間企業の挑戦ですから、当然ながら、税金などの公費が使われることは一切ありません。

そこで気になるのが、どのようにして資金を集めることができたのかという点です。

並々ならぬ覚悟と思いのもとで挑戦の日々が続いたことは容易に推測できるところです。

実は、この企業がロケット発射に挑戦するのは、これが3度目のことでした。

過去の2回は残念ながら失敗に終わりましたが、その失敗から何かを学ぶことができたのかもしれません。

今回の挑戦に精力的に動いていたのが、元IT企業の社長です。

その並外れた頭脳はもとより、優れた分析力やバイタリティー溢れる行動力を武器にこれまでも多くのことにチャレンジしてきた人物です。

今回の成功に対して心から祝福したい気持ちです。